カテゴリー

ドラマ見逃し無料動画フル視聴 バラエティ見逃し無料動画フル視聴

各ビデオオンデマンドで配信状況を確認してからご入会下さい。
ドラマ見逃し無料動画フル視聴 バラエティ見逃し無料動画フル視聴
各ビデオオンデマンドで配信状況を確認してからご入会下さい。

ダーウィンが来た!生きもの新伝説 – 見逃し無料動画フル視聴

ダーウィンが来た!生きもの新伝説 – 詳細

ダーウィンが来た!生きもの新伝説

出典:

放送テレビ局:NHK

放送期間:2006年4月9日〜2021年3月14日

曜日:毎週日曜日

放送時間:19:30〜20:00

公式サイト

ダーウィンが来た!生きもの新伝説 – 各話の見逃し無料動画フル視聴検索

ダーウィンが来た!生きもの新伝説 – 出演者

ダーウィンが来た!生きもの新伝説 – 見逃し無料動画フル視聴検索(公式)

作品の配信状況を確認してから各VODに加入してください

ダーウィンが来た!生きもの新伝説 – 無料動画サイトを検索

ダーウィンが来た!生きもの新伝説 – コメント

【2019年6月16日放送の感想】"蝦夷リスの一生懸命な子育ての様子が伝わり、興味深く見る事が出来た。 リスの天敵がカラスだと言う事も始めて知った。 3匹の赤ちゃんリスの内、2匹がカラスに連れて行かれたのは悲しかった。 しかし、カラスにとっての天敵がリスだというのには驚いた。 子育て中のリスは、カラスの卵を食べることがあるそうだ。 自然の世界は、本当に不思議に満ちているといつも驚かされる。 『ダーウィンが来た!』は知らない世界を知ることが出来る、とても貴重な番組だと、感心している。"(女性50代)

【2019年6月23日放送の感想】"ニューギニア島に住む『タンビカンザシフウチョウ』という鳥を初めて知りました。 真っ黒い姿で、頭にかんざしのような飾りはねが付いていて、胸元には、見る角度によって色が変わるキラキラした羽があります。 そのうえ目は真っ青で、とても美しい鳥だなと感じました。 その鳥が踊る求愛のダンスが、また面白くて、背中に人間の笑ったような表情が一瞬浮かぶのにも驚きました。 いつも、いろんな動物の世界を知ることが出来るこの番組が大好きです。"(女性50代)

【2019年6月30日放送の感想】グレートバリアリーフと聞くだけで、キラキラと輝くきれいなブルーの海と白いサンゴ礁を思い浮かべることができます。そこに、ウミガメが2万匹もいるのは驚きました。そして、歩くのが少なくてすむために、ウミガメは大潮の日を選んで上陸すると知り、納得しました。(女性30代)

【2019年7月7日放送の感想】"この番組の魅力はなんといっても可愛い動物から珍しい動物まで数多くの動物を紹介してくれるところです。 動物のことを詳しく説明するだけでなくこの番組のマスコットキャラクターのヒゲじいのちょっとしたダジャレもまた可愛いです。"(女性20代)

【2019年7月7日放送の感想】"むかわ竜が取り上げられていましたが、全体の8割の化石が見つかり、全身骨格にもなるパーフェクト恐竜であることに驚きました。 当初、首長竜と判断され研究がおこなわれていなかったとのことですが、2011年に大学の博士によって勘違いを指摘され、その後研究が進んだことは恐竜時代を解明する進歩につながったと思いました。 町予算を6000万投入し、4年かけて作業を進められ自治体の意気込みを感じました。 CG再現でむかわ竜の特性がよくわかりましたが、CGといえどむかわ竜の大群は迫力があり面白かったです。"(男性40代)

【2019年7月14日放送の感想】"世界3大珍獣の1つ『こびとかば」が取り上げられていました。 世界一小さいかばで、赤ちゃんは柴犬と同じくらい、大人でも普通のかばの10分の一の大きさだそうです。 幻の珍獣とも呼ばれていて、世界に2000頭程度しか生息していないので、絶滅危惧種に指定されているそうです。 いろいろな動物が、生息数を減らし、絶滅が危惧されています。 環境に大きな変化をもたらしている物の1つに、人間がいると言う事は否定できません。 動物が住みにくい世界というのは、いずれ人間社会にも影響を与えてくることと思います。 人間を含めて、全ての生き物がそれぞれの縄張りの中で、気持ちよく暮らせるようになることを願います。"(女性60代)

【2019年7月14日放送の感想】世界3大珍獣にして絶滅危惧種のコビトカバは繊細な為、音や匂いに敏感で特に人間には警戒心が強いと言うことで、追跡出来るのか?撮影に成功するのか?ドキドキしながら視聴しました。いつか動物園などで実際に見てみたいと思いました。(女性40代)

【2019年7月14日放送の感想】フウチョウの回では、腰や頭を激しく振って求愛する鳥たちを見ていて面白かったです。そして、さすがNHKだけあってフウチョウの求愛シーンをいろんな角度からきれいな映像で何本も撮っていることには感心しました。(女性20代)

【2019年7月14日放送の感想】フエコチドリの回では、不思議な足の動きで歩くコチドリの姿が可愛いと思いました。毎回、よく放送する動物を見つけてくるなぁと感服します。ただ、ISSAがでてきてUSAが流れたところは、素直にいるのかいらないのかよくわかりませんでした。(女性20代)

【2019年7月14日放送の感想】トサカレンカクの回では、水に浮いた葉っぱの上を優雅に歩くレンカクの姿が小さくて驚きました。自然公園に生息するレンカクを撮影するのは大変だと思いますし、子育てしている姿をカメラにおさめることができたのはすごいと思います。(女性20代)

【2019年7月14日放送の感想】アホウドリの回では、力強く翼を広げて大海原のうえを飛ぶ、アホウドリの姿に惹かれました。アホウドリの名前をかえたいと願う人が世界中に多い気持ちもわかる気がします。ただ、保護作戦のためにアホウドリの赤ちゃんを普通に連れていく姿には、親鳥止めないのか!と突っ込んでしまいました。(女性20代)

【2019年7月14日放送の感想】マーモットの回では、相撲を取るマーモットの毛皮のもふもふ感に驚きました。あの毛のツヤともふもふしている姿をカメラを通して確実につたえることができるNHKの撮影技術には驚きました。あと、ハイジにマーモットが登場しているのはこの時初めて知りました。(女性20代)

【2019年7月14日放送の感想】ビーバーの回では、人とビーバーが共生するためにはどうしたらよいのかを考えさせられました。人と動物、この二つの生き物がどのように一緒に生きていくのかをつたえることはこの番組の大切な役目だと思います。ちなみに、ビーバーがお腹を毛づくろいしている姿が非常にキュートでした。(女性20代)

【2019年7月14日放送の感想】サイガの回では、大きい鼻に驚きました。まず、見た目に慣れるのに時間がかかってしまいましたが、あの大きな鼻にもきちんとした役割があるのだと知ったら、可愛く見えました。あまり人に知られていない動物を見ることができるのもこの番組の良いところだと思います。(女性20代)

【2019年7月21日放送の感想】大好きなネコ特集で、2匹の子猫の愛くるしい様子に目が釘付けになりました。お母さんネコが、子猫たちを置いて、10分だけ留守をして、エサを探しに行く様子に、母性を感じました。でも、そのほんのわずかなすきを狙ってオス猫が徘徊していて、外で生きていくというのは大変なことなんだなと思いました。(女性30代)

【2019年7月21日放送の感想】ネコは大人なっても可愛いのですが、子猫のかわいさは、もう本当に言葉にならないくらいかわいくてたまりません。お母さんネコに優しくペロペロなめられて、じゃれている子猫は平和の象徴のように見えて、とても幸せな気分になりました。(女性30代)

【2019年7月21日放送の感想】ネコは、嬉しい時にノドをクルクルと鳴らして、甘えたり、喜んだりしますが、ネコ同士でも“敵ではない”と認識したときには、人間を相手にノドを鳴らすのと同じように、クルクル鳴らして意思表示をするのだなと初めて知りました。(女性30代)

【2019年7月21日放送の感想】オス猫が全力で自分の子どもを守る様子を見ていると、(ネコの世界にもイクメンがいるんだな)と思っていたら、ヒゲじぃも同じことを言っていて、苦笑いしてしまいました。ネコの生態をもっとよく知るためにも、継続して研究や取材を続けて欲しいと思いました。(女性30代)

【2019年7月21日放送の感想】まだ生まれて間もなくて、高いところにジャンプできない子猫に対して、お母さんネコがお手本を見せている様子は、人間もネコも同じだなと思いました。NHKは、岩合光昭さんの番組もあるし、ネコの気持ちがよくわかっているスタッフも多いのか、ナレーションもとても自然で良かったです。(女性30代)

【2019年7月21日放送の感想】子猫が自分の3倍くらいの大きさのオス猫に全力で立ち向かおうとする様子を見て、子猫なりに、とても頑張って自分の身を守ろうとしているのだなと思いました。でも、このままでは食べられてしまうかも…と思ったときに、お父さんネコが駆け寄ってきてホッとしました。(女性30代)

【2019年7月21日放送の感想】野良猫のオスは、だんだん顔が大きく、下にさがってくると聞いたことがありますが、メス猫と恋の季節を迎える前に、本当に言われているとおりに、顔が大きくなってきていて、生きるための知恵というか、本能なんだなと思いました。(女性30代)

【2019年7月21日放送の感想】3匹のオス猫に、ずっと囲まれて、まさに女王さまのようなメス猫はモテモテで良いなぁと思いました。ウチのネコはオス猫なので、画面越しにでもメス猫が魅力的に見えるのか、テレビの前でジーッと見ていました。完全室内飼いなので、外の世界に憧れがあるのかな?と思いました。(女性30代)

【2019年7月21日放送の感想】"ゴラ熱帯雨林国立公園に生きる、珍しい動物が紹介されていました。 特に印象に残ったのが<キングコブサイチョウ>という鳥です。 普通はオスのほうが派手なのですが、この鳥は、メスのほうが金髪で青い目の縁取りがある、とても目立つ姿をしていました。 まだまだ世界には、知らない生き物が多く生きていることを実感しました。 日曜日の夜のひと時、心和む番組です。"(女性60代)

【2019年7月21日放送の感想】"毎週、小学生の子供と楽しみにしている番組です。 動物好きな息子は、取り上げられる動物をとても興味を持って見ています。 この日は『こびとかば』が出ていましたが、その赤ちゃんは柴犬くらいの大きさだと言う事に驚いていました。 家族で安心して楽しめ、知らない世界に誘ってくれるこの番組が、長く続くといいなと思います。"(女性30代)

【2019年8月11日放送の感想】今日は、夏休みこども特集として、南硫黄島の野生生物を大冒険だ。「この島は海鳥の楽園であり、さまざまな野鳥が観察できる。」と変なジジイ(ヒゲジイ)が、紹介をしている。全島検査における様々な困難と発見を放映しているぞ。いろんな新種もたくさん発見している。まあ、図鑑には載っていない生き物はいくらでもいるんだろうな。(男性40代)

【2019年8月11日放送の感想】"今まで人間が立ち入ったことが無い、南硫黄島に自然環境調査で立ち入ることが出来たそうです。 9種類のウミドリが繁殖地として過ごし、珍しい鳥や生態のよく分かっていない鳥など、多くの発見があったといっていたのが印象的でした。 人間が生活すると言う事は、このような貴重な生き物の生態も変えてしまったりすることを考えると、複雑な心境になりました。"(女性60代)

【2019年8月18日放送の感想】"銀座の街にツバメが戻ってきたと言う事に驚きました。 あんな都会のど真ん中にどうして?と疑問を覚えました。 銀座では養蜂が行なわれているので、その蜂をえさにするツバメにとっては、住み易い環境になっていると聞き納得しました。 ツバメに限らず、あらゆる生き物が住み易い環境になるといいなと思いました。"(女性50代)

【2019年8月18日放送の感想】"昔から大好きなテレビ番組! 日曜の夕方の家族団らんの時間によく見ていました。 さまざまな知識が増えてとても楽しくまた、弟と歳が離れていましたが、僕自身も弟も、母親も楽しく観覧できました。年連想が幅広く続けていっていただきたい番組です!"(男性20代)

【2019年9月1日放送の感想】ワオキツネザルのオスがメスにアピールしている様子を見ていると、なんだかとてもいじらしく見えました。聞こえないはずの(ねぇねぇ」という声が聞こえてきそうな感じに見えてきて、人間も動物も恋を実らせるのは大変だなと思いました。(女性20代)

【2019年9月1日放送の感想】ワオキツネザルのオスは、メスが縄張り争いをしているときは、ボーッとしていても、繁殖期にはメスを巡って激しく争うのは、縄張りに対する考え方が違うからなのだなと思いました。さまざまな行動には、ちゃんと意味があるのだなと思いました。(女性20代)

【2019年9月1日放送の感想】"とても興味を引かれ、楽しく拝見しました。 ワオキツネザルのオスは、普段は、本当に何もしないで、ボーっと過ごしているのが面白く感じました。 縄張り争いの戦いもメスに任せて、高みの見物と聞いた時は、流石にそれは駄目でしょと思いました。 しかしそれにもちゃんと理由がある事が分かって、なるほどなと感心しました。 動物の生態がよく分かり、動物好きにはたまらない番組です。"(女性30代)

【2019年9月1日放送の感想】いつも父が見ていたので、それの影響を受けて見るようになりました。日本は島国でなかなか野生動物に会う機会も少ないので、自然や動物を学ぶ良い機会だと思います。またこの番組を見てサファリや国立自然公園に行きたいと思うようになりました。(女性20代)

【2019年9月8日放送の感想】最近よく見ていて気になっていたインコ特集だったので興味深かったです。もともとはペットとして日本に輸入されたものが、今では普通の住宅街に大群でいてとても不思議でした。原産国がスリランカということも初めて知ったので驚きました。(女性30代)

【2019年9月15日放送の感想】"のどぐろハチドリを取り上げていました。 なんと手の平に乗るくらいの大きさで、体長9センチ、3.5グラムしかないそうです。 一円玉が三個半の重さだとは、とても驚きました。 子育ても他の鳥とは違って、メスだけでするそうです。 動物好きの孫といつも楽しく見ています。 驚いたり、感動したり。 この番組は、家族の会話の糸口にもなり、とても助かっています。 これからも期待しています。"(女性60代)

【2019年9月22日放送の感想】"多摩川のトライアングル地帯と言う場所に、いたちや狸、狐、あなぐま、そして鹿や、いのししまで生息していると知り驚きました。 直ぐそばにマンション等が立ち並ぶ場所に、こんなにも沢山の野生動物が生活しているとは思ってもいなかったのです。 番組で、いたちの生態を知り、勉強になりました。これからも都会の一角で、たくましく生きている動物を取り上げて貰えればなと思います。"(女性50代)

【2019年9月22日放送の感想】私は「多摩川の秘密を探る」と言うのでピラニアの捕獲をやるのかと思って観ていましたが、「多摩川トライアングルにおけるイタチの生態を探る」事が主な内容でした。イタチなんてそんなに時間を割いてやるほどの生き物かとたかを括って観ていましたが以外にも奥の深い生き物だという事は解りました。私の勉強不足でした。なおピラニアは全く出てきませんでした。(男性50代)

【2019年9月22日放送の感想】イタチやタヌキくらいの野生の生物が、山から多摩川トライアングルまで降りてきても、あまり人間に害はないのかもしれませんが、これが北海道ならヒグマが降りてくるということになってしまうので、良し悪しなんだろうなと思いました。(女性30代)

【2019年9月22日放送の感想】川原で見たことのある鳥の名前が、「セグロセキレイ」だとわかり、スッキリしました。背中の部分が黒いから「セグロセキレイ」という名前が付けられたのだろうと思います。生き物や植物の名前が分かると、自然を眺めるのが楽しくなりそうだなと思いました。(女性30代)

【2019年10月6日放送の感想】今回の放送では奈良のシカの生態についての長期にわたっての取材を取り上げていました。秋の繁殖期はオス同士が角を突き合わせてメスを縄張りの中に一頭でも多く囲い込んで闘いに勝ったオスが多くの子孫を残していきます。ただシカの角は鋭利で人に怪我を負わせる事も多いため角を切ることでお互いが共存を図ってきた歴史があります。また冬になるとシカにとってのエサになる物が不足し雪の中で木の葉を食べる姿も捉えられておりました。動物の生存は厳しいと感じました。(男性50代)

【2019年10月6日放送の感想】動物は、繁殖の時期が一年に一度だけということが少なくないので、鹿も秋だけが、その繁殖の時期で、オスの鹿は今がまさに大変なバトルを繰り広げている時期なんだなと思いました。なぜ、一年に一度だけなのか知りたいなと思いました。(女性30代)

【2019年10月6日放送の感想】オスの鹿は、角があるほうが、圧倒的に強いと思っていましたが、実は、そうとは限らないと知り、意外でした。人間と違って、自分の子孫を残せるかどうかが、かかっている恋の季節は、オスの鹿たちにとっては、気の抜けない時期なんだなと思いました。(女性30代)

【2019年10月6日放送の感想】「ダーウィンが来た!」を見るたびに思うことですが、一つのテーマについて、年単位の丁寧な取材をして、時系列で見せてくれて、とても良い番組だなと思います。そして、ラストで絶妙なタイミングでMISIAさんの主題歌がかかってくると、毎回、感動を覚えます。(女性30代)

【2019年10月6日放送の感想】ラグビーや、世界陸上、バレーボールも良いのですが、動物たちの暮らしをじっくり見るのも良いなと思います。言葉は話さない動物たちですが、生き残るために、必死に努力をして、生きることの大変さを改めてみせてくれているような気がしました。(女性30代)

【2019年10月6日放送の感想】"いや~驚いた。奈良の人達は、道を鹿が歩いていても平然としているんだね。 古くから人間と共存して生活しているというのを実感した。 鹿は神様の使いとして大切にされてきたという、奈良だからこその風景にびっくりしたけど、いいなとも感じた。 まだ奈良には行ったことがないので、是非行くってみたいと思う。"(男性10代)

【2019年10月27日放送の感想】南極に住まう生物達の調査は本当に興味があるものばきかりで、思わず見入ってしまいました。ペンギンやアザラシなどの映像はとても、癒されました。勉強になりました。もっと多くの動物が暮らしているのか知りたくなりました。(女性20代)

【2019年11月3日放送の感想】"とても可愛いダンゴウオと言う魚を、初めて見ました。 体調2センチで、5円玉ぐらいの小さな魚だと言う事ですが、同じ種類にも関わらず、色や模様が1匹1匹違うと言う事に、大変な驚きを感じました。 種の存続という観点から、そういう風になっているとの説明に、自然界のすごさを改めて感じました。"(女性50代)

【2019年11月10日放送の感想】今回の放送は東京で生きる生き物について取り上げていました。コウモリの一種であるアブラコウモリは昼間は人工建造物の狭い空間で身を潜めて夜になると活動を開始し口から赤外線を頼りに獲物を捕っていました。また外来種の貝であるホンビノスガイを遊歩道に運んで割って食べるカラスもいるそうです。そして東京には様々な環境でセミが生息しており、自らが好む環境を選んでそこに適応した形でセミは生きています。セミの卵は木の上で産卵されますが生まれてすぐに幼虫は土に潜り込みモグラなどの餌にならないように木の根元付近で数年間掛けて成虫となり僅か1か月余りの繁殖期間でその一生を終えるという事も改めて学習し直しました。(男性50代)

【2019年11月10日放送の感想】"とても意外に感じました。東京がもっとも身近に、こうもりが見られると言う事にです。 東京のような大都会で、しかも夜に活動するこうもりが多く生息していると言う事を、始めて知りました。 身近な所にも、色々な生き物が多く生息していて、環境に合わせた生き方をしているんだなと感心しました。"(女性50代)

【2019年11月10日放送の感想】今日は、コウモリに、カラスに、と、生き物の中では、完全に『悪』のイメージの強いものばかりで、いつもは、ほっこりした気分になることの多い番組ですが、今日はまったく癒されませんでした。東京に生息する生き物ということでしたが、できれば自然の中に生息している動物を紹介して欲しかったです。(女性30代)

【2019年11月10日放送の感想】コウモリというと、不潔なところに生息しているイメージしかなく、それを無駄に明るいナレーションで紹介しているのは、とても違和感がありました。紹介されていたコウモリは、10円玉と比べてもわかるように小さいものでしたが、街の中では遭遇したくないなと思いました。(女性30代)

【2019年12月1日放送の感想】アフリカの世界遺産ンゴロンゴロから生中継での放送で、迫力ある野生動物の映像を見ることができ感激しました。ネコ写真家の岩合光昭さんが野生動物の解説をしていて新鮮でした。野生のクロサイが足取りも軽く動き回る映像には驚きました。動物園でじっとしている姿ではなく人間に警戒する姿には本来の獰猛な気配を感じさせませ。周囲の風景もまたアフリカ的な雄大な姿でありそれままた見応えがありました。(男性50代)

【2019年12月8日放送の感想】古代魚ガーが恐竜よりも生き残ってきた秘密を解き明かします。ガーは外来種として日本では観賞魚であったり在来種を食べる害魚として知られていますが海外では一億年前からその姿を殆ど変えずに今でも生き残る特定古代魚として認知されています。鋭い歯のある長いくちばしで他の魚を捕食します。水中で殆ど動くことなくゆっくりとした動作でじっと小魚が目の前に現れるのを待つのがガーの特徴で、エネルギーを消耗せずじっと待つのが長生きの特徴なのですね。人もあくせくするのではなくじっとチャンスを待つのが得策かもしれません。(男性50代)

【2019年12月8日放送の感想】がんばらないで長生きする、という“ガー”という魚が、とても効率よく生きてきたことが、とてもわかりやすかったです。とにかく無理をせずに、エサをとるのも、自分から追うのではなく、止まって待つことで、確実にとるという手法は賢い魚だなと思いました。(女性30代)

【2020年1月19日(日)放送の感想】南米の山奥にいる珍しい熊の特集でした。熊を追って様々な場所に移動する時の、迫力がある映像にドキドキしながら見ていました。熊の生態を知ることができたのですが、意外に食事のほとんどは木の実だったり、かなり身軽に動いたりと驚くことばかりでした。(女性40代)

【2020年1月26日(日)放送の感想】カラスがすごく狙っていたのがとてもビックリしました。春子と春彦がとても幸せそうで春彦が春子からまったく離れないのがすごいと思います。他のオスの鳥から春子を守っているのがとてもかっこよくてよかったです。木の中の巣が狭くて驚きました。(男性30代)

【2020年2月2日(日)放送の感想】"最初サケがなかなか釣れなかったものの、どんどん釣り上げに成功するシーンは見ていて気持ちよかったですね。 でもサケじゃなくても次々と魚が釣れるのも凄いなと思いました。 サケにカメラを付けて謎を調査するというのもこの番組だからこそ出来ることですね。"(女性30代)

【2020年2月9日(日)放送の感想】日本で新たに発見されたカエルの話でした。実に堂々とした佇まいで立派なカエルでしたね。天敵が現れた際には、相撲のシコのようにカラダを大きく見せて敵を驚かすことで勝利をするとはかなりのやり手でした。生きる本能なのでしょう。(男性40代)

【2020年2月16日(日)放送の感想】謎の深海魚、幽霊サメの特集でした。深海魚にかかわらずカナダの浅瀬に集まる姿はまさに壮観な映像でした。漁師が裁いた魚の残滓を求める姿にはゴミの日にカラスが集まるのを想像してしまいました。それにしても深海魚である幽霊ザメが集まる理由もまた地形の妙であり豊かな生物相が関係するのですね。深海から浅瀬に移動するのも大変そうですが、生きるためにはそのように体を進化させてきたのですね、感心しました。(男性50代)

【2020年2月23日(日)放送の感想】研究者は、みんな自分が研究している対象物のことを好きで、もっと知りたいという気持ちがあるからこそ、長年、その研究をやったいるのだと思いますが、クロマグロが時速160kmで泳いでいるかどうかを実感している人たちが、みんなとてもワクワクしている様子で、大人になっても、こんな風にワクワクできるのは良いことだなと思いました。(女性30代)

【2020年3月8日(日)放送の感想】今日はアフリカのハサミアジサシの不思議を紹介しました。狩りの仕方がユニークでした。下のくちばしだけを、飛びながら水面に入れるのです。しかも夜に魚が上に上がってくるので、夜に狩りをします。頭が良いです。砂地で子育てするので、敵が多く大変そうでした。(女性60代)

【2020年3月15日(日)放送の感想】シジュウカラの巣作りや子育ての様子は可愛らしく、微笑ましかったです。それに、夫婦の仲睦まじい姿も可愛くて癒されました。鳴き声で天敵がきたことを伝えたり、親子や夫婦のコミュニケーションをとっているのは凄いし、猫から雛を守れてほっとしました。(女性20代)

【2020年3月22日(日)放送の感想】"「クラゲの超世界 アンビリバボーの暮らし」 映像が美しく、それだけで心が癒された。 水クラゲ、ウリクラゲ、オビクラゲ、ハナガサクラゲなどが海の中を透明な姿でゆったりと浮遊する様子が美しかった。 ガラスの館の中で過ごしているような心地よさだった。 しかし、そのゆったりとした様子からは想像できないくらい、食生活はワイルドだった。 自分より大きなクラゲを飲み込んだり、触手や毒で獲物をとったり・・・ また、一匹が一兆匹にもなる(理論上)繁殖力にも驚かされた。クラゲが食料となり、その必須脂肪酸が海の生き物を支えているそうだ。 だが、近年の異常繁殖は、ペットボトルなどにクラゲのポリプが付くことが原因で、漁業などに深刻な被害をもたらしている。 クラゲは、海の生き物たちを下支えしているだけではなく、私たち人間に海の環境についても教えてくれているのかもしれない。 その他にも、クラゲライダーや数万年も生きる若返り能力を持ったクラゲなど興味深い内容だった。"(女性60代)

【2020年3月29日(日)放送の感想】干満差がビル5階分というのは恐ろしいですね、人間がそこに居てちょっとぼんやりしていたら大変な事になりそう…。200万羽の鳥の大群もまた恐怖!よく見たら鳥だった、という状態の塊のように海岸に群れているのはちょっと鳥肌が。鵜の獲物を横取りするカモメには思わずイラッとしちゃいました。(女性40代)

【2020年4月5日(日)放送の感想】野生のライオンの生活を取材していて、子どものオスライオンは大人に指導を受けながら育っていたのが印象的でした。狩りについては、ライオンであっても狩りに成功できる確率はあまり高くはないようなので、肉を得るための訓練は必要だと思いました。(男性30代)

【2020年4月12日(日)放送の感想】恐竜たちの生活を知ることができて勉強になりました。それに、珍しい恐竜の求愛行動と子育ての様子はとても微笑ましかったし、子のためにあらゆる強敵と命懸けで戦う母親のシーンにはとてもドキドキハラハラしました。(女性20代)

【2020年4月19日(日)放送の感想】ペンギンって水族館だとじっと立っていたり時々ものすごい勢いで泳いだりという姿を見ることがおおいけれど、自然界での親子の教育や目の前で敵に命を奪われたりするのを見るのはショッキングでした。でもかわいいです。この番組の最後の動物出演のアニメも面白かったです。(女性50代)

【2020年4月26日(日)放送の感想】多摩川にこんなに動物が住んでいるなんて知らなかった。大型台風で動物たちの無事を心配する声が全国から番組に寄せられたなんて、みんな優しいなと思った。水たまりに残された魚が天然の生簀のようになっているから大丈夫なんて初めて知った。多摩川に住む哺乳類も高台に逃げたようで助かって良かった。(女性30代)

【2020年5月3日(日)放送の感想】ハリモグラというだけに地中に穴を掘る事は上手いとは思っていたが、川をスイスイと泳ぐとはビックリ、長い鼻の先端をシュノーケルのように使って息継ぎをする所が可愛らしく、モコモコして動きにくそうだがとっても器用な動物とよく理解できた。(男性30代)

【2020年5月10日(日)放送の感想】子どものころから持っていた恐竜のイメージは、大きくて狂暴、もしくは草食で大人しいが故に肉食恐竜に食べられてしまうだけの生き物というものでした。ただ単純に生きていただけで、だから絶滅してしまったと思っていました。ちょうど最近、番組内に登場した小林博士の著作を読んだところで、近年研究者たちの成果により常識を覆す発見がされていることに興味を持っていましたので、厳しい冬の北極圏に生きていた恐竜がいたとは、過去の認識とのギャップに驚きました。また、トロオドンの知性を持っても生き延びられなかった恐竜絶滅期の様子について、知りたくなりました。(女性40代)

【2020年5月17日(日)放送の感想】縄文杉の大木の凄さに圧倒されていたものの元々は杉である植物なのに、屋久島の自然豊かな場所にある神秘を感じてしまうと手を合わせたくなる行動をする人間の偏りある思考と心理の面白さが感じられ、どんなモノに対しても同様な気持ちを持ちたいものだ。(男性30代)

【2020年5月24日(日)放送の感想】リカオンを紹介しました。リカオンはアフリカに住み、狩りの名手だそうです。20匹ほどの群れで生活をし、狩りの成功率は7割だそうです。くしゃみを1匹がすると、次々にして、移動を始めます。多数決をしているのだそうです。環境の変化でリカオンは減少しています。守ってほしいです。(女性60代)

【2020年5月31日(日)放送の感想】沖縄のヤンバルクイナを観察しました。卵をオスとメスで交代しながら温めます。生態が分からないヤンバルクイナですが、昼間は餌を求めて歩きまわり、カタツムリのからを割って食べていました。カラスやハブが天敵なので、保護所では、ヤンバルクイナを訓練して、野生に返しています。数が多くなると良いです。(女性60代)

【2020年6月7日(日)放送の感想】珍しいカエルが、卵を生んでその中でオタマジャクシになりカエルの姿で出てくるというのが驚きでした。生息地によって生き方が様々なんだなぁと、つくづく思わされます。あまり知る機会のない地域などを知れるのも、この番組の好きなところです。(女性30代)

【2020年6月14日(日)放送の感想】冬の東京生き物調査隊でした。皇居のお堀では、カモが群れでくるくる回っていました。こうすると、プランクトンが水面に集まり効率的に食べられるからです。賢いです。カモにも種類があって皇居に8種類ほどいて、おいしい水草があり、越冬するそうです。お堀がきれいになり良かったです。(女性60代)

【2020年6月21日(日)放送の感想】「イタリア絶品チーズの里こだわりが生んだ鳥の王国」に関する特集が印象的であった。 牧草地の害虫を鳥は食べてくれるので農家の人にはありがたいとのこと。 一方鳥からしてみればエサにありつけるのでありがたい。つまり「ウィンウィンの関係」らしい。 なるほどと私は思った。(男性40代)

【2020年6月28日(日)放送の感想】ホタルの大乱舞。ホタルの惑星、日本人が偶然目撃に、 アルゼンチンのホタルの大乱舞、クモの巣にひっかかりかまきりにつかまり、危険地帯、ホタルの雄同士の戦いと、また、雌の産卵時にカエルに襲われる危険などを乗りこえてホタルの恋があります。感度的な話です。(男性50代)

【2020年7月5日(日)放送の感想】サルの「変顔」とは何だろう?と、とても興味を引くタイトルで、そのタイトルどおりに、くちびるを裏返したような、まさに「変顔」で、これはサル同士でなくても、かなりびっくりしてしまうだろうと思いました。顔を武器にするとは賢いなと思いました。(女性30代)

【2020年7月12日(日)放送の感想】海鳥のアジサシの特集でした。初めて聞く名前です。インド洋にあるセーシェル諸島に繁殖期に100万羽が集まります。凄い迫力です。300キロの亀がいました。大きい!現役の小錦さん位です(笑)200年生きるそうです。(男性40代)

【2020年7月19日(日)放送の感想】知床の海は、冬は氷がはってかなり冷たいのではないかと思いますが、シャチが婚活パーティーをやっている季節は、海ではアツイ恋が始まっているなんて、とても面白いなと思いました。知らなかったことを解説してもらうと、楽しいです。(女性30代)

アホウドリの一生を知ることが出来てよかったです。今回の放送は再放送をさらに編集されていたので、とても見やすかったです。大学の先生が監修されているだけのことがあり、分かりやすい内容で子供も楽しんでいたほどです。(女性30代)

孫と一緒に見ていましたが、アニメーションをたくさん使っているので子供でも理解できる良い番組だと思ったものです。今回はイルカの生態を紹介されていて、孫は大喜びしながら見ていたほどです。今度水族館で本物を見に行きます。(女性60代)

劇場版の恐竜超伝説でした。一人になったデイノケイルスの子どものニコの成長が良かったです。恐竜の時代は、人類の時代よりずっと長かったのですから、色々な生物がいて、出来事もあったのだと思います。雪の中を恐竜が走り、虫を使って魚をとる映像が良かったです。(女性60代)

日本が恐竜王国だったと想定して映像を作成されていました。ティラノサウルスやプテラノドンは知っていましたが、その他にも黄色と青の結構ハデな恐竜がいたり、虫を餌にして魚を釣る恐竜がいたり、たくさんの種類の恐竜が紹介されていました。(女性30代)

【2020年8月9日(日)放送の感想】大型魚にくっつく事で有名な、コバンザメの特集を組んでいて、奄美の海近辺に棲息する一部はひっつかないことがわかりました。ひっつくコバンザメはジンベエザメ・大きなウミガメにくっつくことを初めて知りました。(男性30代)

【2020年8月16日(日)放送の感想】カバの赤ちゃんが凄く可愛いです。カバが群れで過ごすとは知りませんでした。群れを守るリーダーの男らしいことったら。しかも、ライオンにもワニにも強く、死んだカバをまだ自分たちの仲間だと舐めて愛でていました。死ぬと悲しいのはカバもゾウもシャチも同じなんですね。泣けました。(女性50代)

【2020年8月30日(日)放送の感想】立派な角を持ったヒツジのお話です。ヒツジは角が立派な方が強いそうです。角を失ったヒツジはもう闘えないシビアな野生の現実です。立派な角を持つヒツジにすり寄って匂いを自分に付けてもう戦う気はないと言う意思表示。若いオスが自分たちがボスと決めたヒツジに闘いを挑むと他のオス達が牽制しました。優しく見えるヒツジたちの中で順位があるのは怖いと思いました。でも、それは人間で言うカーストでは無く、冬に備えて体力を温存する為に闘いをせずに済むようにしばしの間順位を付けるんだそうです。生き残る知恵は凄いですね。(女性50代)

【2020年9月6日(日)放送の感想】絶滅動物シリーズを特集してほしいですね。自分の知らない動物のことなど色々と知りたいことが山ほどあります。この番組を見ると色々な発見があるので非常にためになっています。番組の構成もとても好きなので大好きです。(男性30代)

【2020年9月13日(日)放送の感想】かわいいどうぶつの赤ちゃん特集でした。スナネコの赤ちゃんのアミーラは、とてもかわいいです。国内の動物園で初めて生まれました。アミーラの生後二十日の3匹の弟妹も見られました。ミルクを一生懸命飲んでいました。大きく育ってほしいです。(女性60代)

【2020年9月13日(日)放送の感想】かわいいどうぶつの赤ちゃん特集でした。スナネコの赤ちゃんのアミーラは、とてもかわいいです。国内の動物園で初めて生まれました。アミーラの生後二十日の3匹の弟妹も見られました。ミルクを一生懸命飲んでいました。大きく育ってほしいです。(女性60代)

【2020年9月20日(日)放送の感想】フラミンゴは南国にしかいないと思っていましたが、標高が高く寒い地域にもいたなんて驚きです。プランクトンが豊富にいて温泉が湧いている特徴的な場所なんですね。しかも天敵もあまりいないなんて理想的ですね。自然の偉大さを感じました。(女性40代)

【2020年9月27日(日)放送の感想】ゴールデンライオンタマリンというサルは、体が小さいので何を食べるのかと思っていたら、大きくジャンプをして虫をとって食べていて、その捕獲率はすごいなと思いました。でも、無視も目立ちにくい色になり身を守っていることもわかりました。(女性40代)

【2020年10月4日(日)放送の感想】ピラニアは、自分で獲物をとるだけではなく、オオカワウソが食べかけの獲物も横取りして食べていて、これは、想像どおりだなと思いました。陸で言うなら、ハイエナのような感じなのかなと思います。ピラニアの天敵はなんだろう?と思いました。(女性40代)

New List 一覧

Weekly ドラマ

Mon(月)ドラマ

Tue(火)ドラマ

Wed(水)ドラマ

Thu(木)ドラマ

Fri(金)ドラマ

Sat(土)ドラマ

Weekly バラエティ

Sat(土)バラエティ

あなたの代わりに見てきます!リア突WEST

所さんの世田谷ベース

かまいたちの机上の空論城

LuLuREPO TV

I LOVE みんなのどうぶつ園

あざとくて何が悪いの?

ブイ子のバズっちゃいな!

FNN Live News イット!

ひまプリの咲き誇れ!向日葵のタネ

This Week in WWE

夜バゲット

よしもと新喜劇

街頭TV 出没!ひな壇団

ぐっさん家

有吉ジャポンII ジロジロ有吉

小山薫堂 東京会議

ストーリーズ

東京VICTORY

サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん

裸の少年

EXILE TRIBE 男旅

まるっと!サタデー

中居正広のニュースな会

FNN Live News α

知られざるガリバー〜エクセレントカンパニーファイル〜

新美の巨人たち

きじまりゅうたの小腹すいてませんか?

土曜はダメよ

ウラマヨ!

芸能人が本気で考えた!ドッキリGP

そろそろ にちようチャップリン

超逆境クイズバトル!!99人の壁

ブラタモリ

世界ふしぎ発見!

ジョブチューン〜アノ職業のヒミツぶっちゃけます!

BeauTV 〜VOCE ビューティーヴィー

週刊まるわかりニュース

有田P おもてなす

テレビ寺子屋

TVシンポジウム

出川哲朗の充電させてもらえませんか?

ノージーのひらめき工房

ピタゴラスイッチ

ウェークアップ!ぷらす

Eダンスアカデミー

王様のブランチ

週間手話ニュース

THEフィッシング

MUSIC FAIR

ごはんジャパン

池上彰のニュースそうだったのか!!

地球ドラマチック

世界一受けたい授業

チョイス@病気になったとき

サタデーステーション

すくすく子育て

ウワサの保護者会

ETV特集

マツコ会議

開運音楽堂

なりきり! むーにゃん生きもの学園

SWITCHインタビュー 達人達(たち)

音流〜ONRYU〜

炎の体育会TV

Sun(日)バラエティ

アニマルエレジー

爆笑問題&霜降り明星のシンパイ賞!!

テレビ千鳥

バナナマンのせっかくグルメ

元就。

お笑いワイドショー マルコポロリ!

やすとものどこいこ!?

歌ネタゴングSHOW 爆笑!ターンテーブル

仙台市青葉区 かのおが便利軒

千原ジュニアの座王

坂上&指原のつぶれない店

今日からやる会議

シブヤノオト

日曜日の初耳学

有吉ぃぃeeeee!〜そうだ!今からお前んチでゲームしない?

ANNスーパーJチャンネル

林家正蔵の演芸図鑑

今夜も生でさだまさし

モヤモヤさまぁ〜ず2

趣味の園芸 京も一日陽だまり屋

ニャンちゅう!宇宙!放送チュー!

上田晋也の日本メダル話

馬好王国〜UmazuKingdom〜

桂文枝の演芸図鑑

NHK短歌

NHK俳句

ワイドナショー

どーも、NHK

サンバリュ

日本の話芸

猫のしっぽ カエルの手

ザ!鉄腕!DASH!!

世界の果てまでイッテQ!

将棋フォーカス

ミライ☆モンスター

なりゆき街道旅

NHKのど自慢

囲碁フォーカス

路線バスで寄り道の旅

探偵!ナイトスクープ

ジャンクSPORTS

クラシック音楽館

Mr.サンデー

S-PARK

サイエンスZERO

イッピン

こころの時代〜宗教・人生〜

サンデーLIVE!!

健康カプセル!ゲンキの時間

がっちりマンデー!!

日曜美術館

日曜美術館 アートシーン

7つの海を楽しもう!世界さまぁ〜リゾート

S☆1

ABChanZOO

趣味の園芸 やさいの時間

趣味の園芸

NHKみんなの手話

そこまで言って委員会NP

ザ・ノンフィクション