カテゴリー

ドラマ見逃し無料動画フル視聴 バラエティ見逃し無料動画フル視聴

各ビデオオンデマンドで配信状況を確認してからご入会下さい。
ドラマ見逃し無料動画フル視聴 バラエティ見逃し無料動画フル視聴
各ビデオオンデマンドで配信状況を確認してからご入会下さい。

日本人のおなまえ – 見逃し無料動画フル視聴

日本人のおなまえ – 詳細

日本人のおなまえ

出典:

放送テレビ局:NHK

放送期間:2017年4月6日〜

曜日:毎週木曜日

放送時間:19:30〜20:15

公式サイト

日本人のおなまえ – 各話の見逃し無料動画フル視聴検索

日本人のおなまえ – 見逃し無料動画フル視聴検索(公式)

作品の配信状況を確認してから各VODに加入してください

日本人のおなまえ – 無料動画サイトを検索

日本人のおなまえ – コメント

【2019年6月20日放送の感想】「ゲリラ豪雨」や「春一番」の名前の由来が面白かったです。 「ゲリラ豪雨」平成時代に生まれたものではなく、昭和時代から既にあったことを知り、意外に思いました。 また、「春一番」の本当の意味は、「ゲリラ豪雨」と同じく、怖いもので注意が必要ということでした。(女性50代)

【2019年6月27日放送の感想】名前負けしている人、名前で得している人。たくさんの人に会ってきたけど、平等さん、神風さんは知らなかった。名前は一生使うから大切。餓死防止同盟というネーミングにも衝撃を受けました。名前からその時代がわかる。漢字って凄い。(女性30代)

【2019年6月27日放送の感想】今日は選挙にまつわるネーミングの回で、特に日本で最初の女性国会議員である松谷天光光さんのエピソードと、0.6票差となった最高裁の判決にまで至った選挙のエピソードが面白かった。自宅でとっている新聞を開いたら今度の参議院の立候補者が掲載されていたため思わず名字を見てしまった。毎回、へーそうだったんだぁと面白く見ている番組ですが、選挙を立候補者の名前からアプローチするのもタイムリーだしなかなか興味深いと感じた。(女性40代)

【2019年6月27日放送の感想】過去に議員さんの珍しいお名前で松谷天光光さんだったり下のお名前が桃太郎さんでその次に当選された方が鬼木さん、鬼丸さんというおとぎ話の桃太郎のお話をもじったような面白いこともあったと知れて見ていてとても楽しかった。(女性10代)

【2019年6月27日放送の感想】デーブスペクターさんは、たどたどしい日本語を話すことがありますが、それはわざとアメリカ人であることを強調しているのだろうとわかるのですが、日本人でもわからなあか漢字や名前などをボケを入れながら読むのは、相当、頭が良いのだろうと思いました。(女性30代)

【2019年7月11日放送の感想】私の知り合いにも『松』がつく名字の人が多いので、番組で説明された理由はどれも納得いくものでした。そして、確かに“たいまつ”は“松明”と書くので。松島尚美さんが言ったように「日本人の時間を長くした」のが『松』なんだなと思いました。(女性30代)

【2019年7月11日放送の感想】今回は久々の名字特集で「樹木のつく名字」でした。名字の法則で漢字の良い意味を当てたり、地域や身近にあるから名乗る事が多い中で、樹木姓には日本にもたらす大革命があったそうです。松や杉、桑、桐など樹木のつく名前だけで700種類以上あると知り驚きました。(女性40代)

【2019年7月18日(木)放送の感想】分かっていたことだけど、人の名前には限りがあっていつかは終わる。とうとうネタ切れになったのか、いろいろなテーマを扱うようになった。もう名前ですらない。今日は駅名と言っているが、駅の歴史だった。人名の時が一番面白かった。(女性30代)

【2019年7月18日放送の感想】今回は、鉄道の名前を調べるというものでした。日本は鉄道王国らしくてその内容も調べていました。鉄道の名前は意識したことがなく、調べたこともなかったので今回勉強になりました。自分も乗るときに意識しようと思います。(男性30代)

【2019年7月18日放送の感想】日常よく使う交通機関鉄道の名前の由来にスポットを当てた今回、普段鉄道を使っているとあまり意識しないでいる事が多いのですが今回はとてもためになりました。列車の愛称名は色んな人に愛着を持って貰うため、駅の由来は馬からきている事、きっぷと切符で使い分けている事などちょっと鉄道ファン向けの内容でした。(女性30代)

【2019年7月25日放送の感想】オリンピックにあわせて、スポーツ界のお名前をみていきます。こじつけ感が半端ないが、オリンピックまで1年切ったから仕方ないね。諦観するのが1番。何がイライラするって、日本国民全員が応援してます感を出されること。(女性30代)

【2019年7月25日放送の感想】最近の日本は、バレーはあまり強くないというイメージでしたが、“1人時間差”という技が生まれた頃は、日本は最強でカッコよかったんだろうなと思いました。今のように、コンピューターもなく、データー分析などもなかった時代なので、大変だっただろうと思いました。(女性30代)

【2019年7月25日放送の感想】バドミントンの“オグシオ”ペアは、共演NGとまではいかないまでも、2人は不仲なのかと思っていたので、北京オリンピックのときの映像を含めて、過去の映像をたくさん見られて良かったです。潮田玲子さんは、今もかわいいのですが、選手時代のかわいさはモデルのようだなと思いました。(女性30代)

【2019年8月29日放送の感想】NHKなのに、テロップには『6年連続 魅力度ビリ』と出して、アナウンサーも何度も「ビリ!」と連呼していましたが、それが許されるほど、この『ネーミングバラエティー』が認知されているのか、茨城県民が「ビリ」を受け入れているのか、どちらなんだろうと気になりました。(女性30代)

【2019年8月29日放送の感想】今、普通に食べている食品の中では、(これを最初に食べた人は勇気があるなぁ)と思うものがありますが、その代表格とも言える納豆は、馬のエサで、それを食べてみたというのは、ものすごく勇気がいることだっただろうと思いました。(女性30代)

【2019年8月29日放送の感想】『納豆』とは、『源義家にお納めするための豆」と言ったところから納豆という名前になったとは、初めて知りました。最初は、臭くて腐った豆と思っても、「あなたのために」と言われると、誰も悪い気はしないものだなと思いました。(女性30代)

【2019年9月5日放送の感想】「人名+新田」という地名は1000以上もある、と紹介されていて、その名前の部分には「◯◯兵衛」というものが多いと聞き、地名は一定のルールがあって、つけられているのだなと思いました。そんな風にして、歴史をたどっていくと面白いなと思いました。(女性30代)

【2019年9月5日放送の感想】『途中』という地名の土地にある、いろいろな看板などの写真が紹介されていて、『途中老人クラブ」というものがあり、これは良いなと思いました。永遠に、老人にならずに済むようで、生きている間は、いつも人生の途中という感じがするので、長生きできそうな気がします。(女性30代)

【2019年9月5日放送の感想】今は、クイズ番組などのバラエティー番組が、かなり増えているので仕方がないのかもしれませんが、岐阜県大垣市の昼飯町は、以前『サラメシ』で紹介されていたことがあるなと思いました。同じNHKの番組ですが、その辺りの情報共有は、なされていないのかなと思いました。(女性30代)

【2019年9月5日放送の感想】物流業界で働いている私。送り状に書いてあるいろんな地名に想いを馳せることもしばしばです。そんな私にはとても魅力的な番組。志布志市志布志!気になってました(笑)それにしても地名って由来が面白いですよね。また機会があれば京都にある物集女町の由来も知りたいです。(女性40代)

【2019年9月12日放送の感想】ラーメンという名前で呼ばれるようになったのは、思っていたより、ずっと最近のことだったので、ちょっと意外でした。でも、『ラーメン』という名前で、大ブレイクしたというのはわかる気がします。当時の人にとっても、親しみやすさがあり、食べてみたくなる名前だなと思いました。(女性30代)

【2019年9月19日放送の感想】この日の放送では日本における鉄道の成りたちに関しての様々な話題が紹介されていましたが、イギリスから来たものだけに一つ一つの事柄を示す言葉が無く「駅」(STATION)にもそれに至るまでに20以上の呼び名があったということでした。さらに「枕木」(SLEEPERS)に関してもそのような言葉を駆使して日本語として通じるものにしていったということがわかりました。(男性50代)

【2019年9月26日放送の感想】私は「仮名」さんという名字の方にはあったことはありませんが、仮名さんと名乗っている人の多くが(本名なのに、仮名なんて…)と感じでいるのだなと思いました。子供の頃などは、学校で冷やかされたりしてイヤな思いをしたことがある人もいるのだろうと思いました。(女性40代)

【2019年9月26日放送の感想】結婚して、同姓同名になってしまった夫婦という方は、結構、多いのかなと思いました。これからは、キラキラネームの子供たちが大人になっていくと、ますます夫婦で同姓同名ということが増えてくるのかもしれないなと思いました。(女性40代)

【2019年9月26日放送の感想】夫婦で同姓同名になった人の話が面白かった!別に考えなしに結婚したわけでもないだろうに、結婚してから奥さんが改名したいと思うほど悩むってどんなことがあったかすごく気になるが、同じ境遇の人たちはつゆほど気にしていなくてそこも面白かった。(女性40代)

【2019年10月10日放送の感想】西城秀樹さんの芸名が雑誌の公募だったとは知りませんでした。芸能事務所が名付けたと思っていましたが、当時は画期的な方法だったのかもしれません。現在では、公募で決めるという方法は聞いたことがないので、現代でやってみると面白いと思います。(男性40代)

【2019年10月10日放送の感想】今回の放送では昭和を代表する歌手・俳優の芸名の由来について美空ひばり・西城秀樹・緒形拳・樹木希林の4人についてどのような由来があったのかを中心に話題が展開されておりましたが、この方々の名前もさることながらコメンテーターの一人として出ていた山田五郎さんが芸名であることはこの番組で初めて知りました。若し机の中のシャープペンシルに別の名前があったら山田五郎さんは違う名前で今活動していると思うと運命を感じます。また樹木希林さんがオークションに出した芸名「悠木千帆」さんが今も現役でご活躍なさっているのも驚きでありました。私自身は台風19号接近が予想される中精神的にあたふたした状況ではありましたが少しはこの番組で落ち着けた感じが持てました。(男性50代)

【2019年10月10日放送の感想】今日はスターのお名前。生まれた時につけてもらった名前は両親からのプレゼント、死んだ時につけてもらう名前は残された人からのプレゼントだから自分で悩んで考えられるのは芸名だけなんだよね。昔は地味な名前が多かったからスターとして輝くような名前が必要だったのかなとも思う。自分だったらどんな名前をつけようかなと妄想してしまった。(女性40代)

【2019年10月24日放送の感想】この日の放送では「滋賀県」の県名の由来について様々な観点から掘り下げておりました。明治に入り当時は「大津県」と呼ばれた県名を「滋賀県」と改めたのはその時の県令であった松田道行で、早くから男女共学の学校や地方議会の創設等の先進的な取組を推進した人物でした。またこの地域を発祥とする企業としては高島屋・伊藤忠商事・日本生命・東レ等が挙げられます。また奈良時代には聖武天皇が現在の甲賀市信楽町に「紫香楽の宮」の建設を企画しここに大仏の建立も構想されたと記録にあり、その名残で信楽焼が発展したと言う説も取り上げていました。私も仕事の関係で滋賀県には縁のある一人ではありますが滋賀県の新たな一面を見ることが出来たような気がしております。(男性50代)

【2019年10月24日放送の感想】滋賀県や琵琶湖の話をたっぷり聞いた後に、朝ドラ『スカーレット』で戸田恵梨香さんが信楽から大阪へ向かう旅のお供に持って行った信楽焼のかけらを見ると、琵琶湖の形に似ているなと思いました。こんなところに、こっそり滋賀愛が込められていたとは…と感心しました。(女性30代)

【2019年10月24日放送の感想】おみくじが、比叡山延暦寺がはじまりだとは知りませんでした。お寺のおみくじというと、浅草寺のおみくじには「大凶」が、かなりの確率で入っていますが、おみくじの発祥である比叡山延暦寺のおみくじも同じように「大凶」が多そうだなと思いました。(女性30代)

【2019年10月24日放送の感想】たぬきの置物で有名な信楽ですが、昭和天皇をお迎えするときに、町にたくさん置いたことからだとは知りませんでした。そして。そのたぬきがお店の前に置いてあることが多いのは、『他を抜く』というところから来ているというのは、初めて知りました。(女性30代)

【2019年10月24日放送の感想】たぬきの置物と言えば、信楽。そして、信楽と言えば、今は朝ドラ『スカーレット』なので、戸田恵梨香さんがVTRで出演してくれて、良かったです。撮影の合間なのか、とてもナチュラルな感じで、あまりメイクもしていないように見えましたが、それでもかわいいなと思いました。(女性30代)

【2019年11月7日放送の感想】最近のNHKの番組は、とても自由だなと思いました。葉加瀬太郎さんの曲を使い、『情熱大陸』風にして、再現ドラマを作ったり、同じNHKの『チコちゃんに叱られる』のようにしてみたり、番組作りに自由にチャレンジできる雰囲気があるのかもしれないなと思いました。"(女性30代)

【2019年11月7日放送の感想】"テレビで便の話になると、?野先生という方が、よく出られるなと思っていたら、善玉菌、悪玉菌という名前をつけた光岡先生の直接の後継者だと聞いて、納得しました。ここまでは、しっかり研究の継承ができているようですが、これからはどうなのかなと考えてしまいました。"(女性30代)

【2019年11月7日放送の感想】"こんなに、一度に『腸』という文字を見たのは、初めてで、特に何もしていませんが、やや便秘気味の私でも明日の朝は快便になりそうな気がしました。よほど、お腹が痛い時くらいしか、腸を意識することはありませんが、もう少し意識して腸が喜ぶ食事をしようと思いました。"(女性30代)

【2019年11月7日放送の感想】"JAXAでは、人間の大腸の働きを再現したロボットを作って、宇宙開発に役立てているというのはすごいなと思いました。人間の身体は、人間の能力以上の働きをしていて、私たちは無意識のうちに、良い働きをしてくれているのだなと思いました。"(女性30代)

【2019年11月7日放送の感想】"今日は、「人体の不思議に迫る」というテーマにした内容なので、赤木野乃花アナウンサーが女医さん風の白衣に、メガネをかけていたので、コスプレ好きな人にはたまらないだろうなと思いました。白衣というのは、3割り増しくらいで美人に見えるんだなと思いました。"(女性30代)

【2019年11月14日放送の感想】京都市内の有名寺社仏閣を番組レギュラーが散策していて、眺望抜群な清水寺などを取材していました。清水寺は、創建当時の名称が北観音寺という名称だったのは初めて知りましたが、全く違った名称でびっくりしました。(男性30代)

【2019年11月14日放送の感想】もう人の苗字の謎は終わってしまったのか?今日は京都のお名前っていうから、どんな地名が出るか楽しみにしていたのに東山の京都1番の観光エリアを見て回っただけだった。もっと面白い住所たくさんあるのにちょっと残念だったな。(女性40代)

【2019年11月14日放送の感想】この日の放送ではゲストに「ますだおかだ」の岡田圭右さんを迎えてさらに途中からは「ハライチ」の澤部佑さんも合流して京都の有名観光名所を回り、その名称についての話題が出ておりました。清水寺は元々「北観音寺」と呼ばれていましたが、有名な「清水の舞台」の下にある「音羽の滝」の水で身を清めて参拝する事から「清水寺」の名前が一般的に広まったとされています。また清水寺は当時としては現代のテーマパークのような施設であったとされています。現在よりも広大な敷地にどの様な施設があるのかを示した絵図で多くの人々に拝観を促した宣伝をしていたようです。(男性50代)

【2019年11月14日放送の感想】京都のお名前修学旅行の特集でした。清水寺になった由来などが知れて、自分の予想とほ全く違ったのと、その理由が意外で、凄く面白かったです。難しいことも楽しい雰囲気で教えてもらえるので、毎回凄く楽しみにしています。(女性40代)

【2019年11月14日放送の感想】金閣寺は、金が屋根に使ってあるので金閣寺というのはわかりますが、銀閣寺の屋根には銀が使ってありそうに見えないのに、なぜ「銀閣寺」と呼ぶのだろうと思っていたので、銀は使割れていない、という結果は納得できました。(女性30代)

【2019年11月14日放送の感想】バスガイド風のコスチュームを着た女性アナウンサーは、特に痩せているわけでもないのに、ベストの背中側を、かなりつまんで細くしているせいで、お腹が出ているのも見えてしまい、太って見えるなと思いました。マイクをつけるにしても、もう少しやり方があっただろうに…と思いました。(女性30代)

【2019年11月14日放送の感想】銀閣寺は、本当は銀を使っているわけでもないし、正式名称には「慈照寺」という名前があるのに、「銀閣寺」のほうが観光客が多く訪れるだろうという狙いから、名前をあえて否定しなかった、というのは、今も昔もあまり変わらないんだなと思いました。(女性30代)

【2019年11月14日放送の感想】清水寺の西門と呼ばれるところは、普段は人が入ることができない場所だそうですが、NHKの取材のためなら、開くのは、どうだろう…と思ってしまいました。そのおかげで、テレビで見ることができたので、悪くはないとも思いますが、ちょっと複雑な思いです。(女性30代)

【2019年11月14日放送の感想】地主神社を久しぶりにテレビで見られて、修学旅行で石から石まで目をつぶって歩いたことを思い出しました。仲良しグループ4人でやってみて、盛り上がって、あの頃は楽しかったなと思いました。大人の修学旅行で、また行ってみたいなと思いました。(女性30代)

【2019年11月21日放送の感想】京都人の表と裏を徹底解剖という特集が組まれていて、京都市出身者をゲストに数人招いていました。一番インパクトがあったのは京都人そのものではなく、京都市内の住所表記が物凄く長い事であり、1200年以上前に遷都された平安京が名残である事がわかりました。(男性30代)

【2019年11月21日放送の感想】この日は「京都」に関する様々な話題が取り上げられておりました。平安時代に平安京が作られてからの伝統を頑なに守り住所表記が難解でとにかく長すぎる。京都の人間からすれば書く欄が狭すぎるという言い分に集約されてしまいます。また本来の京都は豊臣秀吉によって築かれた「御土居」の中だけでその外側は京都ではないという事も言われておりこの日京都出身として出演されていた坂下千里子さんは伏見区なので「ほんまの京都ではない」と言われる始末で、いけずな気質の京都人を理解する上で重要な事実ではないかと思いました。また「一見さんお断り」の文化にも京都ならではの独特な商慣習があると感じたところです。(男性50代)

【2019年11月28日放送分感想】日本人が悩まされている一因としてストレスがありますが、その原因になっている「分」・「カロリー」・「点」を取材していました。時間の単位である「分」に関しては、明治時代に決まった事で細かい時間区分が確定したようですが、江戸時代までは分がなかったことで時間に結構ルーズだったのではないかという事を専門家が言っていました。(男性30代)

【2019年11月28日放送分感想】この日の放送では日本の時間に対する感覚、カロリー計算を気にする理由、試験の得点について影響を与えた人物について焦点を当てていました。まず時間については江戸時代まで時間の感覚は極めて大雑把に捕えられていましたが明治に入り欧米人から日本人は時間に対して余りにルーズという指摘があって福沢諭吉がその著書で「時間を守らない者は大馬鹿者」と警鐘を鳴らし汽車の運行も時間通りにするようにしたといいます。またカロリー計算については歌手の弘田三枝子さんがご自身の著書「ミコのカロリーBook」の中で自らのダイエットについて記したことで戦後の食糧難からカロリー摂取を美化してきた流れがダイエットの方向に転換したと言われています。得点については初代の内閣総理大臣である伊藤博文が自身が下級武士の生まれだったこともあって封建時代までの出自による役職の世襲を改めて能力を点数化して政府の役職に就ける事を進めたことが現在に至っているとの事でした。この様に解説して頂くとなるほどと思いますがこの番組の一番面白い場面はIKKOさんの咳払いだとは凄いオチがついたものです。(男性50代)

【2019年12月5日放送分感想】この日の放送では「ウソのような本当の名前」と題して同姓同名の夫婦やダジャレのような名前さらには人生と奇跡的にシンクロした名前等が様々取り上げられておりました。同姓同名夫婦として出演していた会愛さんは六代目三遊亭圓楽師匠の義理の娘さんという事は解りました。(岡田圭右さんが会一太郎さんの名前をフルネームで絶叫したので)また筑波大学のOBに「筑波大さん」という方がいらっしゃるのはある種の驚きでありました。しかしご本人はホテルのチェックインなどで「施設名を書かないで下さい」などと私生活では何かとご苦労がありそうに見えました。それから感動的だったのは「仮名」さんの名前の由来で本来の「磯部」姓を仕えていた家老の娘さんを守りながら関所を通ろうとする際に「仮名」と名乗って無事勤めを果たしたと言う逸話です。現在の会津地方に屋号として「丸亀屋」として残されているそうです。「仮名」と聞くと印象は良くないですが実際にはこんな武勇伝があったとは改めて感心しました。(男性50代)

【2019年12月5日放送分感想】人生とピッタリの名前の持ち主を探していましたが、自然に関する名前を名乗っている人は、職業と結びつきやすいだろうなと思いました。海の仕事で「海上」さん、農家で「田畑」さんは、“あるある”だなと思いました。(女性30代)

【2019年12月5日放送分感想】筑波大学卒の筑波大さん、という名前の方の両親に、その名前にした理由を聞いてみたいなと思いました。出身地が筑波大学のそばなのか?ご両親が筑波大学に行きたかったけど行けなかったとか、何か理由がありそうで気になりました。(女性30代)

【2019年12月12日放送の感想】ヒットソングのおなまえスペシャルと銘打って、大物プロデューサー・作詞家などがインタビューに答えていました。山口百恵さんのプレイバックパート2は、曲を聴いた人からの問い合わせを狙って名付けたという事が初めてわかり、更にパート1・3・4がある事にも驚きました。(男性30代)

【2019年12月12日放送の感想】今回の放送では昭和歌謡を語らせれば右に出るものはいないであろうミッツマングローブさんが司会の古舘さんの表現曰く「聴講生のようにメモを取っていた」のが本当に印象的でありました。それ以外にも山本リンダさんの「どうにもとまらない」に「恋のカーニバル」という題が予め付けられていて「どうにもとまらない」が印象に残ったからこれで行こうという事でこうなった、「赤いスイートピー」なるものは当時存在しなかった事実も成程と思いました。今の様にインターネットが普及していない時代なのでその点は曖昧で良かったのでしょう。現在歌謡曲の第一線で活躍する方々も顔を出していましたがタイトルの付け方は私自身がそういう年代についていけていない部分もありますがある意味では物事を短い言葉で言い当てていたと思います。意味は後からついてくるそれでよかったのがこの時代の良さではないでしょうか。(男性50代)

【2020年1月9日(木)放送の感想】商品名に、「本」「生」が付くことが多いですがその秘密を探っていました。本ししゃもとカラフトししゃもで、名前の乗っ取りがありました。本みりんはアルコール14%、みりん風調味料は1%以下と、大きく違い。名前によって区別がつきます。「生」は芽吹くの意味があり、生命力を感じさせます。本と生に、みんな弱いです。(女性60代)

【2020年1月30日(木)放送の感想】"まさかこの番組で和田アキ子さんのデビューのきっかけを知ることになるとは思いませんでした。 道頓堀にあるジャズ喫茶が昔あったみたいで、ここに凄く歌の上手い人がいるということでデビューすることになったそうです。 他にもアッコさんが公衆電話で知らない人のお母さんと電話で話しをしたのもサービスがよくていいなと思いました。"(女性30代)

【2020年2月6日(木)放送分感想】柳がなんで川沿いに多いのか子供の頃から不思議だったけど目から鱗。コンクリートとかそういう素材がなかった時代に考えられた土手がすごい!!昔の人の防災意識と知恵がすごいよね。なければ工夫して作る!そんな当たり前のことを地道にやってきたんだねー。(女性40代)

【2020年2月13日(木)放送の感想】今日はじめてみました、今日は、焼き肉の部位から日本人の名字になとてましたが、正直こじつけなような気がしました、はじめてなのでほんとよくわからない番組が一番の感想ですが、各部位、ロ―スは、40℃でロ―ル巻きにしてやく、カルビーは、重ねて焼く、とか、目からウロコの焼き方、これは、面白いとおもいます、次回は、何か楽しみになりました、(女性50代)

【2020年2月27日(木)放送の感想】山梨県の健康長寿の秘密がわかりました。「垈」(ぬた)が地名につくところには、ぬるめの温泉がたくさんあり、いまでも、お年寄りが集まって、健康や趣味の話をしているそうです。山梨は、健康長寿食であるほうとうが名物ですが、武田信玄の天下の宝刀にあやかって、大評判になったそうです。名前の力だと思います。(女性60代)

【2020年3月5日(木)放送の感想】"ボビーは健在、しかも外国人タレントの中で先輩なのだなあーとしみじみ感じました。CMで大活躍のナタリーさん、美しくて賢そうな方ですね。 「山手線」の「の」は、「言葉が先、漢字を後から当てはめた」というお話が腑に落ちました。 日本武尊などもそうなのでしょうね。歴史でそうなったんだから、どうしようもないのでしょね。 面白かったです。"(女性50代)

【2020年4月9日(木)放送の感想】洋食の食べ物のお名前を紹介していました。ナポリタンは、ナポリティーにから付いた名前だそうですが、ケチャップが出回り、フォークを使い、食品サンプルで広く知られたので、今のように広まったそうです。バブルのころからは、イタリアの料理名がそのまま使われるようになりました。そして若者に流行ったのです。楽しい番組でした。(女性60代)

【2020年4月23日(木)放送の感想】連続テレビ小説「エール」に因んで、応援に関するフレーズの由来についての特集でした。考えてもみませんでしたが元々は英語で、それも日本での使い方は、本来の意味とは異なるのが面白いところだと思いました。英語圏の方が日本の応援を見たら、違和感を覚えるのかもしれません。ずっと使われている言葉には、ちゃんと意味があるのだと勉強になります。(女性20代)

【2020年5月7日(木)放送の感想】"「ドカベン」について。 作者「水島新司氏」は「最初から山田太郎は一般的な名前と認識していた」とコメントしていた。また「縁の下の力持ち」といつイメージを持たせるため主人公を山田太郎にしたとのこと。 なるほどと私は思った。"(男性40代)

【2020年5月14日(木)放送の感想】"「お名前検定」が面白かった。 「月見里」と書いて「やまなし」。「山が無いと月がよく見えるから」とのこと。 また「八月一日」と書いて「ほづみ」。「穂を摘んで五穀豊穣を祈るのが旧暦8月1日だから」とのこと。 意味が深くてすごいなあと私は思った。"(女性30代)

【2020年5月28日(木)放送の感想】"「美麗」という名字に関する話が面白かった。 源頼朝が名付けたとのこと。美麗さんのご先祖は今でいうと人気のダンサーだったらしい。源頼朝はご先祖のダンスに感動。源頼朝は会いに行くとご先祖はイケメンだったらしい。だから源頼朝がそのご先祖に美麗と名付けたとのこと。 なるほどと私は思った。"(男性40代)

【2020年6月4日(木)放送の感想】名乗りづらいおなまえ特集を放送していました。聞いたことがない珍しいなまえがあるものだと驚きました。確かにちょっと躊躇してしまうと思いました。しかし一族にまつわるエピソードや由来を聞くと素敵な話だったので自信が持てますね。(女性40代)

【2020年6月11日(木)放送の感想】皆様の疑問を解決するという内容だったのですが、すごくためになる番組ですね。泊りという名字の謎を探っていたりしたので、やはり名字には色々な事情があってこんな名前になっていたということがわかりすごく嬉しかったです。(男性30代)

【【2020年6月18日(木)放送の感想】このところ新規収録ができないためか、再編集が多い。それは仕方ないことだけれど、番組ファンとしては既に見たことがある内容が続くとどうしても飽きてしまう。再編集でもたとえば「この名字の読み方なんだクイズ」を双方向でやるとかしてくれたらいいなあ。(女性50代)

【2020年6月25日(木)放送の感想】同姓同名の夫婦の話ですが、空港でパスポート見せた時に笑われたらしいです。失礼な話ですね。私なら黙っておれないと思います。それで夫婦は名前を変えたいと思ってるそうですが、勿体ないですね!むしろそのままが良いと思いますね。夫婦同じ名前なんておしゃれじゃないですか。(男性40代)

【2020年7月30日(木)放送の感想】直球勝負で「珍しいお名前」を紹介していて、とても良かったです。どれも初めて目にする名字でとても楽しめました。リモート取材だったのですが、その担当者が帽子をかぶったままで取材しているのは、先方に失礼ではないかと感じそこだけが不満でした。(女性40代)

【2020年9月3日(木)放送の感想】「佐藤VS鈴木頂上バトル!」に関する特集が印象的であった。静岡県浜松市は「鈴木姓」が多いとのこと。それは鈴木姓の人が熊野信仰を布教するため海を渡って浜松市に来たので鈴木姓が多いかららしい。なるほどと私は思った。(男性40代)

【2020年9月10日(木)放送の感想】鳥取県に恋山形駅という名前があり、恋が実るように駅全体をピンクにしていたのは驚きました。高知県の後免町駅では愛称を「ありがとう駅」にしました。キャラクターもつけて、書いてくれたのがアンパンマンのやなせさんでした。東京都の佐久間町では古館さんが中学校に通っていて熱弁が凄かったです。(男性30代)

【2020年9月17日(木)放送の感想】珠玉の人名エピソード。カッパと切手の関係、水害から人を守る切手さん。初めて聞いたエピソードです。レア名字切手さんです。先祖は石工さん。切手に石工さんの関係も初めて知りました。超難読名字は全く読めません。名字の由来そうけ島さん、八尾の街の有名な言葉そうけは竹のざる、かごの意味。地方で大事な物を名字に、そうけとは八尾の方言に超難読名字の由来は非常に難しいです。理解が難しいですがレア名字です。(男性50代)

ヒット曲の真相企画でした。「君は1000%」では、なぜ「100」ではないのかという疑問があり、ボーカルのカルロス・トシキさんがブラジル出身で、ブラジルだと「100」を「セン」と呼ぶためタイトルが決まったそうです。聞いたことがある曲で、ちゃんと意味があり面白かったです。(男性30代)

名前だけじゃ無くタイトル系も探るようになったんですね。中森明菜さんの『少女A』は、私が高校二年生の時でした。新聞を見て閃いたとは流石です。何も感じず『スローモーション』の次は『少女A』なのね、としか思っていませんでした。あの頃にしては冒険だったんですね。(女性50代)

【2020年10月1日(木)放送の感想】MC2人が外ロケを行った回を振り返っていて、古館さんと赤木アナウンサーがロケをしていました、名字のハンコが押された柄の法被を着ていましたが、その法被を見ればこの番組のロケをしているのがすぐわかるだろうと思いました。(男性30代)

New List 一覧

Weekly ドラマ

Mon(月)ドラマ

Tue(火)ドラマ

Wed(水)ドラマ

Thu(木)ドラマ

Weekly バラエティ

Sat(土)バラエティ

あなたの代わりに見てきます!リア突WEST

所さんの世田谷ベース

かまいたちの机上の空論城

LuLuREPO TV

I LOVE みんなのどうぶつ園

あざとくて何が悪いの?

ブイ子のバズっちゃいな!

FNN Live News イット!

ひまプリの咲き誇れ!向日葵のタネ

This Week in WWE

夜バゲット

よしもと新喜劇

街頭TV 出没!ひな壇団

ぐっさん家

有吉ジャポンII ジロジロ有吉

小山薫堂 東京会議

ストーリーズ

東京VICTORY

サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん

裸の少年

EXILE TRIBE 男旅

まるっと!サタデー

中居正広のニュースな会

FNN Live News α

知られざるガリバー〜エクセレントカンパニーファイル〜

新美の巨人たち

きじまりゅうたの小腹すいてませんか?

土曜はダメよ

ウラマヨ!

芸能人が本気で考えた!ドッキリGP

そろそろ にちようチャップリン

超逆境クイズバトル!!99人の壁

ブラタモリ

世界ふしぎ発見!

ジョブチューン〜アノ職業のヒミツぶっちゃけます!

BeauTV 〜VOCE ビューティーヴィー

週刊まるわかりニュース

有田P おもてなす

テレビ寺子屋

TVシンポジウム

出川哲朗の充電させてもらえませんか?

ノージーのひらめき工房

ピタゴラスイッチ

ウェークアップ!ぷらす

Eダンスアカデミー

王様のブランチ

週間手話ニュース

THEフィッシング

MUSIC FAIR

ごはんジャパン

池上彰のニュースそうだったのか!!

地球ドラマチック

世界一受けたい授業

チョイス@病気になったとき

サタデーステーション

すくすく子育て

ウワサの保護者会

ETV特集

マツコ会議

開運音楽堂

なりきり! むーにゃん生きもの学園

SWITCHインタビュー 達人達(たち)

音流〜ONRYU〜

炎の体育会TV

Sun(日)バラエティ

アニマルエレジー

テレビ千鳥

バナナマンのせっかくグルメ

元就。

お笑いワイドショー マルコポロリ!

やすとものどこいこ!?

歌ネタゴングSHOW 爆笑!ターンテーブル

仙台市青葉区 かのおが便利軒

千原ジュニアの座王

坂上&指原のつぶれない店

今日からやる会議

シブヤノオト

日曜日の初耳学

有吉ぃぃeeeee!〜そうだ!今からお前んチでゲームしない?

ANNスーパーJチャンネル

林家正蔵の演芸図鑑

今夜も生でさだまさし

モヤモヤさまぁ〜ず2

趣味の園芸 京も一日陽だまり屋

ニャンちゅう!宇宙!放送チュー!

上田晋也の日本メダル話

馬好王国〜UmazuKingdom〜

桂文枝の演芸図鑑

NHK短歌

NHK俳句

ワイドナショー

どーも、NHK

サンバリュ

日本の話芸

猫のしっぽ カエルの手

ザ!鉄腕!DASH!!

世界の果てまでイッテQ!

将棋フォーカス

ミライ☆モンスター

なりゆき街道旅

NHKのど自慢

囲碁フォーカス

路線バスで寄り道の旅

探偵!ナイトスクープ

ジャンクSPORTS

クラシック音楽館

Mr.サンデー

S-PARK

サイエンスZERO

イッピン

こころの時代〜宗教・人生〜

サンデーLIVE!!

健康カプセル!ゲンキの時間

がっちりマンデー!!

日曜美術館

日曜美術館 アートシーン

7つの海を楽しもう!世界さまぁ〜リゾート

S☆1

ABChanZOO

趣味の園芸 やさいの時間

趣味の園芸

NHKみんなの手話

そこまで言って委員会NP

ザ・ノンフィクション