カテゴリー

ドラマ見逃し無料動画フル視聴 バラエティ見逃し無料動画フル視聴

各ビデオオンデマンドで配信状況を確認してからご入会下さい。
ドラマ見逃し無料動画フル視聴 バラエティ見逃し無料動画フル視聴
各ビデオオンデマンドで配信状況を確認してからご入会下さい。

ポツンと一軒家 – 見逃し無料動画フル視聴

ポツンと一軒家 – 詳細

ポツンと一軒家

出典:

放送テレビ局:テレビ朝日

放送期間:2018年10月7日〜2021年2月28日

曜日:毎週日曜日

放送時間:19:58〜20:54

公式サイト

ポツンと一軒家 – 各話の見逃し無料動画フル視聴検索

ポツンと一軒家 – 出演者

ポツンと一軒家 – 見逃し無料動画フル視聴検索(公式)

作品の配信状況を確認してから各VODに加入してください

ポツンと一軒家 – 無料動画サイトを検索

ポツンと一軒家 – コメント

北海道のポツンと一軒家は、自分の趣味のために、故郷の山を買って、理想の庭づくりをしている方の庭つきの家ということで、オトナの男性の遊びは、スケールが大きくて、豪華だなと思います。ジオラマなどでは飽き足らず、実際に土地を手に入れてやるとは、男なら憧れる生活だろうなと思いました。(女性30代)

【2019年10月13日放送の感想】今回は北海道と宮崎県の物件でした。北海道の方は、絶滅危惧種のシマ フクロウ ?に魅せられて北海道に移住した夫婦でした。旦那さんの奥さんに対する感謝の気持ちに、とっても心打たれました。もう一件は、宮崎県で4ヶ月前に一度お伺いした神社の神主さんから「ご報告がある???」との事で再訪したものでした。何と、この4ヶ月の間に交際・同棲・結婚・妊娠、神主さんが、伝えたかったのは結婚報告?でした。まさかの展開の速さに、所さんも 天海祐希 さんも驚いていました。?でも、とっても楽しかったです。(男性50代)

毎回、凄いところに住んでいる人を紹介していて、驚かされます。地元の場所が出てきたりすると、Googleで地図検索してしまいます笑  いつも感じることは、住んでおられる方の人格、人柄がよく、清らかな気持ちになります。(男性30代)

【2019年11月3日放送の感想】高知県と福岡県にある一軒家を訪問していて、なぜそこにポツンと家があるかの解明をしていました。高知県の一軒家は、亡くなった母のために空き家や畑を管理している事を放送していて、社会問題になっている空き家・空き地・相続に関して考えさせられる回になりました。(男性30代)

【2019年11月10日放送の感想】今回は愛知県のポツンと一軒家でした。最初の方は遊び小屋としての一軒家でしたが、そのご主人からのご紹介のお家がすごかったですね。ああやって自由な感じで過ごせる場所があるというのは良いですね。実現出来る人は少ないでしょうが。(男性40代)

【2019年11月24日放送の感想】東京都檜原村にあるポツンと一軒家を取材していて、その一軒家は林業用の小屋として作られていたものでした。そちらでお世話になった林業の方は、500?もの広大な山林を所有しており、維持管理が大変である事を言っていたので、林業の大変さを改めて知る事が出来ました。(男性30代)

【2019年12月1日放送の感想】一軒家に一人暮らしをする男性。久しぶりに人に会えて嬉しかったのかよく話す人だった。家を守るという使命感も大切だけど、さっさと家を処分して、アパートを借りれば良いのに。あんな所で一人暮らしていたら発狂しそう。(女性30代)

【2019年12月8日放送の感想】島根の山の中で住む一軒家を紹介していました。麓から車で30分かかる野生の鹿が生息する自然豊かな場所にある上田さんの家の周りには誰も住んでいなくて、気がついたら誰もいなかったと言います。しかしその地は江戸時代から集落があった場所で林業で生計を立てていた土地でした。農協勤めの上田さんは営農コーディネーターの肩書を持ち農家と消費者をつなぐ仕事をされています。母親を施設に預けても山奥で暮らす上田さんの心にもふるさとの生活は心が休まる場所なのだと思います。(男性50代)

【2019年12月15日放送の感想】愛知県のポツンと一軒家。今回は陶芸家の方でした。バス停まで車で15分とか。芸術家の方には最高の場所でしょうがご家族、特に子供さんの通学は大変だったことでしょう。お父さんは夢を叶え、ご家族も幸せなら何も問題ないのかもせれませんね。(男性40代)

今回は特番で無かったが毎回楽しみにしている番組です。衛星写真を頼りに日本各地の山間の人里離れた場所にポッツンと存在する一軒家で暮らす人たちを衛星写真を手掛かりに探し出すバラエティでとんでもないような所に住んでいる方達が皆素敵で自然の厳しい中で逞しく生きているのが見ていて楽しく感動出来ます。次の放送が楽しみです。(女性40代)

【2020年1月19日(日)放送の感想】神聖な行事を絶やさないように僅か8人の参加者や集落から離れても出席する所やこの神社に祭られている神様はイザナミノミコトだと言う事には驚き、82才の女性を支える人間関係には古き良き日本を感じ素晴らしいコミュニティだと思った。(女性40代)

毎回この番組を楽しみにしています。番組の魅力は、ただ一軒家を探すのではなく、探し当てた先に、そこに住んでいる住人の歴史が紹介され、人それぞれ色々な人生を歩んでおっれると、時には驚いたり、感動したり、発見があったりと、人々の暮らしが新鮮で見ていて心が洗われます。(女性50代)

【2020年2月2日(日)放送の感想】"名古屋から野菜づくりをしつつ海釣りもしたいという理由で三重県のポツンと一軒家に移り住んだという男性。 探した時にここしかなかったようです。 しかも牛小屋を改造して物置にしてしまうなんて凄いです。 獣除けにラジオをかけるというのもアイデアですね。"(女性30代)

【2020年2月9日(日)放送の感想】高知県とか、限界集落ばかりで、ポツンと一軒家はいくらでもあるだろうな。ある意味自由だが、自分で何でもしないと生きていけなくなるので、そういう作業が好きな人であればど田舎はオススメしたい。ところで、カニがかぼちゃを食べるのか。魚介類よりも果物の方がカニが美味しくなるようだ。ふーん、勉強になった。(男性40代)

【2020年2月16日(日)放送の感想】生家が竹やぶだらけになり家を建て直して夫婦二人で椎茸栽培をしている生活はしっかりとした流通を確保するために、寝泊まりしながらの作業は並々ならぬものを感じ一生懸命に生きている様を表していると感じた。一年でも長くやりたいとの発言は応援したいと思う。また違う家を教えてくれる所は人の良さを感じた。(女性40代)

【2020年2月23日(日)放送の感想】ダンディな西郷輝彦さんがゲストということで所さんも珍しくスーツ姿でした。林修先生と合わせて渋い大人が三人揃って格好良かったですね。赤いポケットチーフがよくお似合いでしたよ。サイレージを作る作業を食い入るように見つめる所さんの表情は子供のようでしたね。臭だらけの道無き道をスタッフが進む姿を面白そうに見つめる所さん、迷子になってしまったのにも何やら愉快そうで「途方にくれるよ」と番組が面白くなるのを面白がるのが見ていて愉快でした。(男性50代)

【2020年3月1日(日)放送の感想】山口県のポツンと一軒家に一人暮らしをする72歳女性の方の逞しさに圧倒されましたね。3年前に旦那さんを亡くしてからも安全と美観のために森林をチェーンソーで伐採したり、梯子を使って高い所で枝打ちしたりと若い人も怖くて出来ないことを恐れることなくこなしていたのが凄かったです。(女性30代)

【2020年3月8日(日)放送の感想】岡山県のポツンと一軒家が紹介されました。衛星写真のとても立派な住宅を所さんが刀鍛冶をやっているという予想は所さんらしいですね。とても嬉しそうでした。一軒家に近づくにつれ自分の予想が当たりそうなのに興奮していたところが可愛かったですね。それにしても28歳で山を買い自分で道路から建物まで作られたのには驚きました。本業が彫刻家だからこそできるのかもしれません。マンサクの語源は勉強になりました。(男性50代)

【2020年3月15日(日)放送の感想】個人で、こんなに整備した山奥の一軒家、公園みたいな庭もう誰もすんでない家、自分で75才から、建てたなんて、夢のある方だったのでしょうか、カラオケに使いたてた、情熱のすごい方だったのですね、画像が残ってて良かったですね、いつもこの番組は、都会からしたらなにもないのにと主がそこがよいのですね、(女性50代)

【2020年3月29日(日)放送の感想】静岡県のお茶産地で茶畑・ワサビ畑・魚の養殖をしている佐藤さん宅を訪問し、その後ビフォーアフターと一笑になってリフォームを行いました。古民家再生を約400万円で行っていましたが、思った以上に安くできたと感じました。(男性30代)

【2020年4月5日(日)放送の感想】この宿昨年行きました、すごい山奥で、富山の友人にさそわれたために、本当にこのままの宿で、お料理の素晴らしいのに、びっくりしました、美味しいだけで終わらず、栄養士の職業病で、1つ1つどのように作ったかお聞きしましたが、親切丁寧に説明さしてくださいました、コロナが収まったらまた行きます、本当に良い宿でした、放送にお礼いいます、(女性50代)

五島列島の小島にある一軒家で、毎日サバイバルをしているという40代の住民がとても面白かったです。こんな家で一人で暮らせたらいいなと共感できる部分も多かったです。とても面白い内容で見入ってしまいました。(男性20代)

【2020年4月19日(日)放送の感想】国際結婚の夫妻が面白かったです。海外から知らない国へ嫁ぐことも大変なのに山奥のポツンと一軒家とは。言葉も不安だし、頼れる身内もいないし、そもそも人がいないって私の想像力では追いつきません。だけど旦那さんが思いやりのある人で良かったです。(女性40代)

【2020年4月26日(日)放送の感想】"「大分県」について。 情報提供してくれた人は椎茸について「菌床栽培」ではなく「原木栽培」なところが良い椎茸のポイントらしい。 自称「森の鮑」と言っていた。 また金色の観音像があるとのこと。「入館料1300円」で高さ22メートルは大分県で一番大きいらしい。 こんなものがこんなところにあるんだと私は思った。"(男性40代)

今回はコロナの影響なのか、以前放送した回の未公開特集になっていました。瀬戸内海にある島で暮らす老夫婦でしたが、番組スタッフは実は家に泊めてもらっていたことがわかりました。いきなり取材に行って泊めてくれる優しい方もいるのだと感心しました。(女性20代)

【2020年5月10日(日)放送の感想】大分の山の中に1人で住んでいる90歳を過ぎたおばあちゃんが特集されていました。まだ仕事に行かれていたり、地元の踊りを踊っていたりと90歳を過ぎているとは思えない元気さに驚きました。自分もあのくらい元気だったら長生きしてみたいなと思いました。(女性30代)

【2020年5月17日(日)放送の感想】"「三重県」。 衛生写真で見たものと同じ住宅を発見。車が止まっていて住宅の窓は開いている。周囲を見渡すとチェーンソーの音が。 呼び掛けると「山本泰久さん」という方がいた。毎週末通って森林の手入れをしているとのこと。 なるほどと私は思った。"(男性40代)

【2020年5月24日(日)放送の感想】一昨年に閉店した、蕎麦屋さんの今が紹介されていました。案内してくれた車を見失い、不安そうに車を走らせているのが面白かったです。そして案内してくれた方が、すごく丁寧に説明して下さっていたのが、凄く印象的でした。(女性40代)

【2020年5月31日(日)放送の感想】"「愛媛県」のポツンと一軒家が印象的であった。 「弓削昌徳(ゆげまさのり)さん(46)」という方と出会うことは出来たが衛生写真は弓削さんの知り合いの「炭焼き小屋」で弓削さんの家は別の場所とのこと。 なるほどと私は思った。"(男性40代)

【2020年6月7日(日)放送の感想】山梨県の山中にたつ宿坊の95才になったちえこおばあちゃんは、現在元気でしょうか、山道をあがり、1400mm、今も剛力さんは、いるんでしね、時代劇でしか知らなかったです、いつもは、車なのに今日は、登山ばかり、一体いつつくのか、しかし、この山中どんな方でしょうか、楽しみにみてます、(女性50代)

【2020年6月14日(日)放送の感想】"「山口県」のポツンと一軒家を訪れていた。 ヨットハーバーから砂利道を走っていくとポツンと一軒家を発見。立派な造りの家であった。犬を飼っているようだ。しかし今留守のようである。 いつもこの番組は初っぱなから出会うことはできないように私は思った。"(男性40代)

【2020年6月21日(日)放送の感想】「静岡県」のポツンと一軒家が印象的であった。 改めてポツンと一軒家に行ってみると「タグチさん」という方がいたがタグチさんはチェーンソーを使っていたため番組スタッフが呼び掛けてもなかなか伝わらないのが面白かった。(男性40代)

【2020年6月28日(日)放送の感想】全国的に有名な移住竹職人の男性と周辺住民との良い関わりは、景色同様良い環境であり、だからこそ良い作品が出来るのだと思った。また竹ひごを作る作業で見事な程真っ直ぐに割れる場面はスカッとした気持ちになった。2年たった現在は仕事も順調で私生活も結婚して幸せな様子はうらやましいと思った。(女性40代)

【2020年7月5日(日)放送の感想】「島根県」のポツンと一軒家を捜していた。ウメダフミコさんのお宅を元郵便局員のおとうさんに道案内してもらっていったがどうやら違ったようだ。衛星写真を再度確認するとそこは「ウメズサトミさん」という方のお宅とのこと。しかしそのウメズサトミさんはもう住んでいないらしい。なるほどと私は思った。(男性40代)

【2020年7月19日(日)放送の感想】「新潟県佐渡島」のポツンと一軒家について。高野毅さんのポツンと一軒家の周辺には綺麗な棚田が広がっていた。亡き父の高治さんは戦争から帰って来た時朱鷺が自分の身代わりになってくれたと思ってその後朱鷺の保護に全力を傾けたらしい。なるほどと私は思った。(男性40代)

【2020年7月26日(日)放送の感想】「宮崎県」のポツンと一軒家を訪れていた。付近の人の聞き込みから衛星写真に写っているのは「ライダーハウス」であるという情報を得て狭い道をスタッフが走っていた。ようやくポツンと一軒家を発見したがそこはロープがしてあるので人はいないのかと思ったが佐藤達夫さんが出てきた。なるほどと私は思った。(男性40代)

【2020年8月2日(日)放送の感想】「千葉県」のポツンと一軒家に関する特集が印象的であった。「ヤマヒルファイター」というヒル除けをもらっていた。「丁字路」を曲がって立派な橋を渡っていた。そして「もっと急な」坂を目指していた。すると「全面通行止め」の看板が。スタッフはどうするのだろうか?と私は思った。(男性40代)

【2020年8月9日(日)放送の感想】今日は長崎県のぽつんと一軒家でした。年中無休で牛の世話を畜産農家を山奥でずっとやっていました。最近は新型コロナが流行っているため非常に大変だと思いますが、頑張っていってほしいと思いました。私はこのようなところに一人で住むのは難しいと思いました。(男性20代)

【2020年8月16日(日)放送の感想】「香川県」のポツンと一軒家を訪問していた。中野三郎さんに電話をしていた。離島なので新型コロナウイルスなんて関係ないとのこと。マスクも何もしていないらしい。その後岡山の方から「家を貸してほしい」という依頼もあったとのこと。なるほどと私は思った。(男性40代)

【2020年8月23日(日)放送の感想】「宮城県」のポツンと一軒家を訪れていた。地元の人から「イナムラさん」「庭に立派なしだれ桜」があるご家庭などの情報を得ていた。狭い道を走っていくと高い杉の木に囲まれたポツンと一軒家を発見していた。案外簡単に見つかったなあと私は思った。(男性40代)

【2020年8月30日(日)放送の感想】茨城県に住むご家族のもとを再び訪問していて、自宅内で遊べる施設を整備していたことがわかりました。伸び伸びできる環境がとても羨ましく思ったので、友人の家がこういったスタイルなら行ってみたいと思いました。(男性30代)

茨城の山奥、ポツンと一軒家の如く、車が通れるかどうかの坂を歩いてひたすら登る。まとわりつく虫の妨害を避け、ようやく着いたぶどう園でゲットしたのはゴルビーなる赤玉のぶどう。大玉でジューシーぶどう園の猫ちゃんが人懐っこい。(女性20代)

うたちを山奥のポツンと一軒家に配置したのって御伽噺の世界観で妻だけを生涯愛する無垢な人を作る上の土台要素もあるけど集落というコミュニティに属してた場合普通に考えて流行病が蔓延してる時期に外部から顔に痣を持つ子供が流れ着いたら受け入れられないし殺される可能性が高いのよね。(女性20代)

【2020年9月13日(日)放送の感想】上からの写真を見たときにさつきとメイの家みたいでした。トトロが出てきそうな感じの家ですが、山の中にあるのですが、生活に不便はなさそうな気がします。車で移動が出来るのですが動物が出てきてしまうそうなので危ないと思います。(女性30代)

【2020年9月13日(日)放送の感想】上からの写真を見たときにさつきとメイの家みたいでした。トトロが出てきそうな感じの家ですが、山の中にあるのですが、生活に不便はなさそうな気がします。車で移動が出来るのですが動物が出てきてしまうそうなので危ないと思います。(女性30代)

【2020年9月20日(日)放送の感想】庭師が理想の庭造りをするために、山奥に建てた一軒家の特集でした。現在の様子を見ることができましたが、とてもパワフルで驚きました。テレビで放送されることで、本職の方の依頼もあったようでした。庭もまだまだ進化しているようで、次にその景色を見れるのがとても楽しみです。(女性40代)

【2020年9月27日(日)放送の感想】過去のあの家は、今北海道のポツンと一軒家、自力でリゾートを作ろうとした方は、今、昨年くるとは思わなかった。子どもの頃から池を作りたくて、実現して、つぎは、農園を作るのが夢、オリジナルワインを作る。夢が沢山あり、よいですね、一年たちましたが、熊にやられるかと思ったとか、しかし熊が逃げた、しかし、いろいろなことことありました、(女性50代)

正直、スタジオの場面は入りますか。見ていてギャラの無駄だと思ってしまったのが自分だけではないと思います。そのせいで制作費がかさんでいるというのがわからないのでしょうか。もっと考えて番組を作って欲しいです。(男性30代)

この番組の最近の視聴率はどんな感じなんでしょうか。一時期かなりの高視聴率で名を馳せたのですがどうなりましたか。そのことがすごく気になりました。やっぱり日本人は飽きやすい生き物ですね。そんな空気をひしひしと感じます。(女性30代)

New List 一覧

Weekly ドラマ

Weekly バラエティ